« 合唱合わせ | トップページ | 20周年特別企画-幻想 »

2007/01/31

20周年特別企画-革命

本企画の第9弾は;

ショスタコービッチ/交響曲第5番「革命」より第4楽章(10132.7K)

第8弾でお届けした「オルガン」は1999年1月の初めてのみなとみらいホールにおける定期演奏会でした。

その次の定演は、ホームグランドに戻って港北公会堂。このときは、ベートーベンの8番、シューベルトの8番という交響曲2曲8番シリーズを先ず演奏した後、最後にチャイコフスキーのスラブ行進曲で〆るという、変則プログラム。何を隠そう、この曲順はWeb Masterの発案で決まったものでしたが、終わった後の打上で指揮者からクレームありました(爆)

・・・確かに今思えば振る方の立場を考慮していないプログラムではある・・・

そして、本題の2000年1月の第25回定期演奏会のメインは、ショスタコービッチの通称「革命」。みなとみらいホールでの2回目の定期演奏会です。

港北公会堂でこの曲をやったら、特に4楽章では、お客様は皆倒れてしまうでしょう(汗

20世紀末の演奏です。


|

« 合唱合わせ | トップページ | 20周年特別企画-幻想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20周年特別企画-革命:

« 合唱合わせ | トップページ | 20周年特別企画-幻想 »